シンポジウム及び3部連合研究会開催のお知らせ

  昨年(平成23年11月)第1回目の「3部連合研究会」が港区障害保健福祉センターで開催され、当協会も一つの部会として参画し、駒井順子先生の基調講演を始め5名の水治運動療法士による卒業論文が発表され、他の部会から期待を寄せられました。そして今年度も下記の要領にて、第2回、3部連合研究会が開催されます。

  @主催  情報文化学会関東支部研究会(医療科学研究部会)

       日本水治運動療法協会(科学技術研究部会)

       日本コミュニケーション教育学会

 

  A日時  平成24年11月3日(土)午前10時から午後5時

 

  B会場  港区立障害保健福祉センター

       (6F:多目的ホール・7F:竹芝ホール)

 

  C参加料 会員(無料)・一般(2,000円)

 

  Dプログラム : タイムテーブル(案)

タイム / 会  場

F 竹芝ホール

6 F多目的ホール

9:30

10:00~10:30

 

 

 

10:30~11:00

 

 

11:10~12:00

 

 

 

13:00~14:00

 

 

 

 

受付

1)Oxford Scale 1978

「水中でのスケール修正」に関する一考査

水野 加寿 城西大学

2)福岡ディサービス TORIUS

  水中リハビリ導入への一考査

             理学療法士

3)交通事故・意識障害、四肢麻痺の我が子と闘った3年間の水中リハビリ

            九州福岡市

 

※午後からは6F多目的ホールにて連合研究発表となります。

 

 

@※情報文化学会

  コミュニケーション教育学会

 (研究論文発表)

A

 

B

 

 

 

 

 

4)「水中リハビリ運動教室」

の評価と課題

坂戸市健康増進部

D

E

F

G15:50~16:20 (終了)